理化学研究所千葉大学
共同研究をもとに開発
厚生労働省 先進医療Bにおいて
高い効果が実証された医療技術

基づく自己免疫強化

患者様の気持ちを第一に考える新しいがん治療

ほぼ全てのがんとステージに
対応できる免疫療法
ステージ4の患者様も
治療が受けられます

キャンサーラボの免疫治療は
以下のような患者様・ご家族のご相談を頂いております。

標準治療以外
治療法を探している方

副作用の強い治療は
避けたい方

がんの再発予防
したい方

再発・転移のしている方

治療中も普段どおり
生活をしてQOLを上げたい方

今すぐできる治療
進めたい方

がんの治療法とは

一般的ながん治療においては、
手術、放射線、化学療法の3つが
保険内で標準治療として行われます。

しかし、標準治療だけでは
対応しきれないケースもあります。
そこで、第4の治療法として
注目を集めているのが「がん免疫療法」です。

標準治療(保険内)

手術手術
放射線治療放射線治療
化学療法化学療法

追加治療(自由診療)

化学療法
がん
免疫療法

治療効果の向上実現へ

標準治療と組み合わせ、
がん細胞への攻撃力、治癒力を底上げします。

がん免疫療法とは

がん治療において、3大標準治療につづく「第4の治療」と呼ばれている治療法です。
体内では毎日、健康な人でも数千個のがん細胞が生まれていますが、免疫の力によりがん細胞を攻撃することでがん細胞の増殖を抑えています。
免疫療法は、その体内の免疫細胞を活性化することで、がん細胞への攻撃力を高めるアプローチです。
採血により、体内の免疫細胞を培養・活性化させ、その後体内に戻すことで自身の免疫細胞の攻撃力を高めていきます。
自分自身の細胞を使うため、副作用が少なく、入院も不要です。標準治療と組み合わせて行うことも可能な治療法です。
※標準治療と異なり、保険が適用されない治療方法です。
※キャンサーラボではお客様の治療の可能性を追求し、症状に合わせて各種免疫治療法や光免疫療法、遺伝子治療などのご相談を承っています。

キャンサーラボでは
理化学研究所と千葉大学が共同で開発した、
厚生労働省の先進医療として
認められている技術に基づく
新しい免疫療法“RIKNKT®療法”
活用します。

サービス内容

効果が実証された技術に基づく
新しい治療・再発予防プログラム

治療
●RIKNKT療法 NKT細胞を体内で活性化し、増殖させる治療法
サポート体制
各診療科医師・医療機関による 「万全のサポート体制」
※光免疫療法や遺伝子治療など各種治療法のご相談もお受けしています。

RIKNKT®(リックエヌケーティー)
療法

がん細胞や病原体を攻撃するNK細胞・T細胞などの免疫細胞群を活性化させる機能を持つNKT細胞を体内で活性化する治療法
「RIKNKT®」は、理化学研究所と千葉大学の共同研究を元に、理化学研究所発バイオ・メディカル企業である理研免疫再生医学が開発を行っている新しい治療法です。

RIKNKT 副作用が少なくあらゆるがんに対応標準治療とも併用可能な次世代の医療

※「RIKNKT®」は株式会社理研免疫再生学の
登録商標です。

副作用が少なくあらゆるがんに対応
標準治療とも併用可能な次世代の医療

※一部の基礎疾患をお持ちの方や既往症のある方は治療を行うことが出来ません。
予めご了承ください。

副作用が軽微
軽い発熱と倦怠感が投与後に数時間続く場合が見られるのみで、副作用はほとんど認められていません。体内にすでに存在する免疫細胞を活性化するので、患者様への負担が軽微であることが特徴です。
ほぼ全てのがん種とステージに対応
がん細胞を攻撃する免疫細胞であるNK細胞・T細胞を活性化する働きがあるNKT細胞を活性化させ、長期間に渡り網羅的にがん細胞を攻撃。ほぼ全てのがん種とステージに対応することができます。
標準治療と併用可能
RIKNKT®療法においては、手術療法や放射線療法、化学療法といった標準治療と併用していただくことが可能です。RIKNKT®により、自身の免疫細胞を活性化させることで、がん細胞への抵抗力を高めますので、標準治療の効果を高める効果も期待されます。ただし、抗がん剤による免疫細胞への影響を考慮して、併用時は抗がん剤投与との間隔を空けるが必要がある等、タイミングを計ることが必要​です。

RIKNKT®と
従来の免疫療法の違い

RIKNKT®と従来の免疫療法の違い

RIKNKT®のメリット

免疫系を活性化、免疫力を回復させることができる。
免疫機構のバランスを保つ。

持続的にがんや病原体を
攻撃することができる。

患者様への投与負担が小さく、どんな種類のがんにも効果が期待でき、進行・再発・転移の抑制効果も期待できる。あらゆる人に対応可能。

RIKNKT®受診フロー

  • 提携医療機関に外来
  • 成分採血(アフェレーシス)
    約3時間(及びセットアップ時間必要)
成分採血した単球(白血球の1つ)を
細胞培養施設に移送します。
  • 細胞培養室での細胞作成(約1週間)
  • 採取した血液成分は直ちに厚生労働省認可の培養施設で培養加工されます。
  • 安全性試験(約1週間)
  • 得られた目的細胞を複数の試験により安全性を確認し、出荷します。
  • 皮下注射もしくは点滴により体内に目的細胞を戻します。
  • NKT細胞標的治療では、通常2週間毎に4回にわたって樹状細胞を戻します。

各診療科医師・
医療機関による
「万全のサポート体制」

治療に際しては、安心のサポート体制をご用意しております。
各診療科の医師があなたの悩みに親身にお応え致します。
主治医に聞きにくいことも、第三者の立場でアドバイス、サポートします。
もちろん、治療が始まってからのお悩みやご相談にも医師がバックアップを続けます。
※光免疫療法や遺伝子治療など各種治療法のご相談もお受けしております。

サービス費用

RIKNKT細胞標的治療
+
先進メディカルサポート費
最先端検査費
¥5,400,000(税別)

※治療費とサポート費用の合算金額となります。
患者様一人ひとりの症状に合わせて、
治療内容が変わる可能性があるため料金が変動する場合があります。

お客様のご状況にあわせて
最適な治療をご紹介します。

キャンサーラボでは、あらゆるがん治療法を研究しています。
各種免疫療法、光免疫療法や遺伝子療法などの最新の治療法のご相談にも対応しています。
患者様に向き合い、患者様に合わせた治療方法をご案内いたします。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

無料相談の流れ

1.現在の状況についてヒアリング

現在の状況についてヒアリング キャンサーラボ専属医師や提携医療機関の担当者から、
患者様のご状況やご意向を中心にお話をお伺いいたします。

2.治療プランについての面談

2.治療プランについての面談 幅広い治療法の中から、患者様のご状況やご意向を十分考慮し、
最適な治療プランをご案内いたします。

サービスについてよくある質問

RIKNKT療法とはなんですか?
  • がん免疫治療法「RIKNKT®(NKT細胞標的治療)」は、理化学研究所と千葉大学の共同研究の成果を元に、理化学研究所発バイオ・メディカル企業である理研免疫再生医学が開発を行っている新しい治療法です。
  • 細胞再生医療の重要技術である免疫細胞の培養加⼯過程と必須化合物の合成において、新たな技術開発と発明を行い、すでに日本国内でがん免疫治療法「RIKNKT®」として、100名以上の患者様への提供実績があります。
  • RIKNKT®は、対象者自身の免疫細胞と天然に存在する化合物のみを用い、遺伝子操作や人工的化合物などは一切用いることはない安全な治療法です。
従来の免疫治療との違いはなんですか?
  • 従来の免疫療法は、NK細胞やT細胞といった攻撃をつかさどる免疫細胞の「数」そのものを培養によって増やす方法でしたが、増やした免疫細胞も細胞の寿命があるため、効果が長続きしません。
  • 「RIKNKT®」では、免疫細胞の「数」そのものを増やすのではなく、体内にあるNKT細胞を活性化します。NKT細胞は免疫細胞を司る「司令塔」の役割を持ち、悪性細胞やウイルスを攻撃するNK細胞・T細胞等の免疫細胞を活性化するとともに、活性状態を長期間維持させる「指令」の働きがあることで、効果が長続きします。抗原を持たないがんへも有効で、どんながんにも、万人に適用できます。
誰でも治療が受けられますか?
活動性の自己免疫疾患・自己炎症性疾患をお持ちの方、妊娠中又はその可能性が疑われる方、授乳中の方、乳幼児等、継続的にステロイド治療をされている方、感染症をお持ちの方(HIV、成人T細胞白血病ウイルス、梅毒(RPR法))、臓器移植を受けた方、その他医師が不適切と認める方は治療を行うことが出来ません。予めご了承ください。
副作用はありますか?
「先進医療B」でも、副作用はほとんど認められていません。軽い発熱と倦怠感が投与後に数時間続く場合が見られるのみで、高い安全性が確認されています。
効果が見られるまで時間はかかりますか?
  • NKT細胞は投与後48時間前後で活性化し、一時的に細胞数は数十倍となります。
  • 1クールの治療のみで無再発、進行停止、部分縮小とそれ以上の結果が相当数の患者様にみられます。
すぐに治療開始できますか?
大変恐れ入りますが、細胞培養には専門技術が必要となり、提供数に限りがございます。提供可能までしばらくお時間を頂戴する場合がございます。
効果はどの程度持続しますか?
  • 長期免疫記憶を有し、実験では9ヶ月以上免疫の活性状態が保持され、また免疫記憶様細胞が残存し、次の抗原侵入対して迅速かつ強力に反応することが明らかにされています。
  • これに対して、従来のNK細胞やT細胞を用いた方法では、体内に戻された細胞は、数日間しか生存せず、効果は継続しません。
保険適用可能ですか?
保険外診療となります。
がん以外にも効果がありますか?
抵抗力が高まることで、感染症対策へのアプローチとしても有効です。

お問い合わせフォーム

お名前
メール
アドレス
電話番号
郵便番号
住所
無料相談ご希望日時(第一希望)
無料相談ご希望日時(第二希望)
無料相談ご希望日時(第三希望)
お問い合わせ
種類
お問い合わせ
内容

新型コロナウイルス感染予防のため、
ご予約制としております。
詳細のご説明はメールか
お電話で専任者がご対応いたします。
直接のご来院についても承りますので、
お気軽にご相談ください。

LINEでの
無料相談はこちら
メールでの
無料相談はこちら
0120-549-634
無料相談24時間受付中